イグニス(IGNIS)の森
About kiki Make up Skin Care Treatment Access Q&A

 
No.147

今までは殆どメイクをしなかったので洗顔だけでしたが、勤め出してファンデーションを使うようになりました。やはりクレンジングは必要ですか?どんな物を選べばイイですか?


肌の油汚れはメイクだけでなく、自身の肌から出た皮脂や排気ガスなどもあります。こういう油溶性の汚れは、洗顔料だけでは落とせないので、メイクの有無に関わらずクレンジングは必要なのですが、 ファンデーションを使えばなお更のことです。
ファンデーションをはじめメイク剤そのものが体に及ぼす影響よりも、メイク剤を使用することによって一層、皮脂や外気の粉塵が汚れとなって残り、健康な肌の大敵となるからです。
最近のファンデーションは落ちにくくなっていますので、なるべく同じメーカーの物を選ぶのが良いと思います。それは、殆どのメーカーのクレンジング剤が、自社のメイク剤に対して最も優れた機能をもたせるようにつくられているからです。
オイル、ジェル、クリーム、ミルク等クレンジング剤のタイプは多くありますが、それはご自分の一番使いやすいものを選択すれば良いと思います。ただ、使用後のつっぱり感や赤み等の違和感がないか充分見極めることが大切です。
また、使用に際しては「こする」のではなく「やさしくなじませる」のだということを忘れないで下さい。

No.116

スキンケアの基本は「洗顔」とよく聞きます。洗顔の大切なことは分かるんですが、正しいやり方ってあるのですか?(RIKA、高3)


ご存知のように「洗顔」がしっかり出来てこそ「柔軟」「肌整」「保湿」等、後のスキンケアステップが生きてきます。ですから何が「正しいやり方」かはともかく、後に続くステップの効果を上げる“やり方”が大切だと思いますので、そのポイントを挙げることにします。
(1)先にぬるま湯だけで洗います。次に使う洗顔料の洗浄効果を良くします。
(2)洗顔料を十分に泡立て、キメ細かい泡をつくります。洗浄効果が上がります。
(3)泡で包み込むように優しくなで洗いしましょう。決してお肌をこすらないで下さい。
(4)小鼻など洗いにくい部分は中指を使って、泡をくるくる転がすようにしますと、目に見えない毛穴の汚れまで落としやすくなります。
(5)洗顔料を長く肌につけると肌に負担が掛かりますし、1回で落とし切ろうとするとどうしても力を入れがちですので、1回の洗顔を30秒程度にし、2回繰り返すことをお奨めします。
(7)すすぎは流水でたっぷりと。特にフェースライン、小鼻などに洗顔料を残さないように気をつけて下さい。

No.105

季節の変わり目はコンディションが崩れやすいので憂鬱・・。肌をしっかり守りたいのですが、面倒くさいのはイヤ。日焼け止めだけではダメでしょか?


これからの季節は新陳代謝が活発になって、肌がとっても不安定になります。ですから、オールステップでのしっかりしたケアが必要ですが、「面倒なのはイヤ」とのこと。それでは、ポイントをつかんだケアをされてはいかがでしょうか。
この時期の大切なこととして(1)肌を酸化から守る (2)紫外線を直接肌に晒さない (3)肌を乾燥させない 以上の3点が少なくとも挙げられますが、その為にはクレンジング・洗顔を丁寧にして、水分をキープする等、角質のコンディションを正常に保ち鮮度の良い肌状態にします。
また、ファンデーションや下地の切り替えを早めにし、紫外線からお肌をしっかりガードして下さい。
肌の全体の状態が悪いと、日焼け止めだけでは紫外線の影響を防ぐことは出来ません。細胞の新生力、皮膚のバリア機能、メラニンの分解力等を正常に保つためには、少なくとも健康な角質層を維持する最低限のケアは必要となります。

No.96

26歳OL、肌表面が浮いたように感じます。お化粧も何となくぼてっとした感じがして、油っぽく思うのです。化粧水と乳液だけでは年齢的にダメなんでしょうか?また、マッサージはしたほうが良いのですか?


お肌を見させて頂いていないのではっきりしたことは分かりませんが、おそらく乾燥が原因ではないでしょうか。油っぽくても肌の水分保持力が低下すると、角質表面が硬くなってごわついてきます。
水分をしっかり補ってあげて下さい。最も即効性があるのが美容液ですので、今のケアにプラスされると良いでしょう。また、メイク落とし・洗顔料もソフニング効果のあるものをお使いになると後で使う化粧水・美容液などの浸透もよくなります。
マッサージについては勿論、することをお奨めします。マッサージはお顔の適切な筋肉運動の基本的な助けをします。血行やリンパの流れをスムーズにして、代謝促進に効果的。固くなった角質層の入れ替わりをし易くし、新しくピチピチの、水分をいっぱい抱えた元気なお肌づくりを助けてくれるでしょう。

No.91

イグニスのサプリメントウォーターとスキコンを同時に使うことは、それぞれを単品で使うより効果があるのでしょうか?
もし同時に使うとすれば、効果的な使用の順番はありますか?


サプリWもスキンコンDもマルチ化粧水ですのでどちらを先に使っても、どのステップに入れてもだいじょうぶです。お肌の気持ちの良いようにお使いください。もちろん朝、晩に分けてもOKです。
スキコンはハトムギエキスを主成分に角質代謝を正常にするという主な働き、サプリWはハーブとフルーツビタミンを配合し、肌に不足しがちな成分を補い、素肌に「力」をつける働きがあります。
このように、各々の主な働きは別ですので、お肌の状態によって両方お使い頂けるのなら、よりトラブルの少ない素肌づくりが目指せます。
ただ、化粧水以外のデイリーケアーをイグニスで揃えられ、ケアの重点を肌の“自活力”アップにおかれているのであれば、デイリーな化粧水もイグニスで統一し、サプリWはスペシャルケア的にお使いになると、さらにストレスやダメージに負けない強い素肌づくりが期待できます

No.76

イグニスの乳液、2回ポンプ押しで、コットンでふき取って使うとのことですが、もったいなくて1回の半押しを手のひらにとって薄くのばし、タオルで顔を包むようにしてオフしています。やっぱりたっぷり使ったほうがいいでしょうか?たっぷり使うと逆に、鼻の頭がてかてかしてしまうんですが・・


正しい量はポンプ3回押しです。肌表面は凹凸に広がっていますが、その凹凸状のキメの深い部分、浅い部分まで均一になじむ量がポンプ3回押しなのです。
イグニスの乳液は洗顔後すぐに使います。その理由は、洗顔後の肌は汚れとともに必要な皮脂や保湿成分が洗い流された無防備な状態ですので、肌を元に戻しリラックスさせる必要がありますが、そのためには、水油分、保湿成分がバランスよく配合された乳液がよくなじむのです。
肌が柔かくなって、化粧水の浸透力を高め、栄養、ふきとり効果のあるイグニスの乳液は正しい量をお使い頂くことによって一層その効果を発揮します。またコットンを使うことで、肌の奥から浮き上がる見えない汚れを吸着してくれます。
Tゾーンは皮脂・汗腺が他と比べて多いところですので、乳液後少々テカるのは当然です。コツトンで乳液を拭き取ったあと、化粧水で丁寧にパッティング、或いは部分シップをすることでテカリは抑えられます。
せっかくイグニスをお選び頂きご愛用頂いていますのなら、是非正しい使い方をして頂き、さらにその良さをご実感して頂きたいと願います。

No.62

落ちにくい化粧品がたくさん出てるけど、それを落とす時のコツみたいなものはありませんか?


サマーファンデションや日焼け止め下地クリームなどは、汗、皮脂に強いウォータープルーフタイプのものが多いので、結果として落ち難くなっています。
こういう落としにくいものに対するときの注意で大切なことは、ゴシゴシこすったり洗い過ぎないことですが、一番のポイントはクレンジング剤の選び方にあり、うるおいを残しながらキメに入り込んだ汚れもしっかり浮き上がらせる洗浄力の高いもの使う必要があります。
落とすコツとしましては、よく泡立て肌の上でメイクアップ料が充分に浮き上がるまで,くるくるとなじませて下さい。量は通常より多めに取りましょう。なじみやすくなり、肌への負担も少なくなります。そして、ぬるま湯(32℃〜33℃)でよく洗い流します。拭き取るタイプよりも洗い流すタイプの方が毛穴の中の汚れまで取りやすいでしょう。
また、マスカラや口紅などの落ち難いポイントメイクには、専用のリムーバーを使うのがベストだと思います。コットンにたっぷりとリムーバーを含ませ、10秒ほど落としたい部分に当ててから、すぅーっと拭くようにするとよく取れますヨ。
毛穴に残ったメイク剤はお肌の酸化を招き、黒ズミ、ニキビだけでなく、シミやシワといった老化の原因にもなりかねません。落ちにくいからと言って面倒くさがらずに、念入りにクレンジングすることを心がけて下さい。

No.17

私はお風呂に入る前(寝る前)に洗顔するのですが、肌のためには帰宅したらすぐにする方がいいの?又、洗顔後30分以内に潤いを与えないといけないの?


一日を過ごした肌はストレスでいっぱい。そんな肌をリラックスさせるためにも入浴タイムでの洗顔は賛成ですヨ。けれども問題は入浴が深夜1時2時等帰宅後かなり経ってからの場合。そういう時はやっぱり帰宅後なるべく早くのメイクオフをおすすめします。そして洗顔はあとでのんびりでも・・。メイク落しと洗顔は別ですヨ。
洗顔後は肌のバリア機能が低くなりますので、水分もすごい勢いで逃げていきます。ですから、なるべく30分以内には潤いを逃がさない、与えるためのお手入れが必要となるのです。乳液、美容液などを活用してください。

No.15

朝の洗顔は水だけでしているのですがダメでしょうか?


起きたばかりだから、何も汚れていないように思えるかも知れませんが、夜は新陳代謝が活発になり、眠ってる間も皮脂や汗が分泌されています。
そのため古くなった角質が皮脂と混ざりあったり、ホコリやチリもつきやすい状態となり目覚めたばかりでも肌はよごれていますので、ぜひ洗顔料は使ってください。
洗顔料の上手な使い方は、1にも2にもよくあわ立てること。ぬるま湯がよいと一般的には言われていますが、べつに水でも熱めでも自分が気持ちよいと感じれば温度にこだわる必要はありません。
汚れをそのままにしておくと、肌の正常な働きを妨げ、ニキビなどのトラブルにつながります。また、皮脂が酸化した過酸化脂質は肌内部の細胞にまで影響を与え、肌の老化を早める原因となります。
洗顔は素肌美人の第一歩です。

No.13

乳液ってべたつくでしょう、使わないといけないんですか?


乳液など油分を含む化粧品はべたついて化粧くずれがするとか、吹き出物の原因になると思い込んでいる人が確かに少なくありません。けれども、不必要な油分をつければそうなりますが、肌のうるおいを保つためには適切な油分の補給は絶対必要なのです。
水分さえ与えておけば肌の潤いは充分と思っている人もいるようですか゛、肌の水分は体の内部でつくるもの。大切なのはその内部の水分をキープし逃がさないようにする、つまり油分と保湿成分をバランスよく補ってやることが必要なのです。
乳液やクリームには油分補給の他に肌を柔らかく整えたり、他の化粧品の浸透を良くするなどの効果があります。乳液ナシを続けていると肌がゴワつき、乾燥やシワの原因にもなることが多いのです。最近はさっぱりタイプでみずみずしい感触のものも多く出ていますから、好みの感触のものを選んでぜひご使用ください。

No.12

収斂化粧水ってオイリー肌の人だけ使えばいのですね?


とくにTゾーン用などと銘打ってなければ、どんな肌タイプの方が使ってもいいんです。
収斂化粧水は、肌を引き締め、化粧崩れを防ぐといった効果の他、マッサージと同じように血流を調整する効果もあるのです。ですから朝だけでなく夜のお手入れにも使えます。
順番としては化粧水、乳液などの後。栄養クリームをつける場合はその前に使います。朝は紫外線防止のアイテムをつける前です。いずれも最後にカバーするものをつける前と覚えてください。
また、収斂化粧水を使い続けることによって、加齢とともに気になる毛穴の開きも防ぐことができます。
アルビオンやイグニスなどでは、化粧水の前に使う乳液に柔軟効果がありますので、化粧水は収斂効果も含めた「整肌」という働きに主眼をおくため、とくに収斂専用の化粧水はありません。
おしろいやきき提供: おしろいやききHPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。
ご意見、お問い合せなどはinfo@oshiroiyakiki.comまでどうぞ。